水を通してココロ・カラダぐんぐん!お母さんたちの子育てを応援するマガジン

2017.09.19 | スペシャル

アスリートの子育てに大切なことは?【第4回】 入江陵介選手のお母さまのインタビュー連載

【好評連載!第4回は一瞬一瞬を見逃せない、子育ての喜びについて】

「【第1回】子どもと一緒に親もスクスク ~幼児期、思春期、それぞれの時代の子育ての様子を教えてください!~」はこちらから

「【第2回】アスリートの卵を支えるママの言葉と接し方」はこちらから

「【第3回】子どもたちの健やかな成長に欠かせない食と環境」はこちらから

アスリート・入江陵介選手の母としての喜び、母親なら誰もが感じる喜び。それぞれの視点から子育てを通して体験した喜びと共に、お子さまが成人された今、あらためて思うことを語っていただきました。

3人のお子さまの成長を振り返って「水泳と子育ては似ている」と語る入江さん。その心は? 聞けば「なるほど」の、深い意味が込められていました。


第4回  子どもが与えてくれたもの
~子育てを振り返ってうれしかったこと、今思うことはなんですか?~


表彰台に乗れることが大きな喜び

うれしかったのはやっぱり、子どもが強いライバルに勝って表彰台に乗れたときです。もうね、なかなか勝たせてくれないので「勝たせてよ~」って思うんですけど…(笑)今思えば、ライバルがいるから成長できたんだと思います。

イトマンでクラスが上がったときもすごくうれしかったです。ランクアップするとジャージをいただけるんですが、そういうのが子どもの励みにもなったみたいで。陵介なんて最初は下のクラスだったので、いつか寺川綾ちゃんみたいにグアム合宿へ連れて行ってもらえるように頑張ろうって。一歩一歩、進める目標があるのはいいですよね。


日々の何気ない成長も感動の連続

今、娘の子育てを手伝っているんですが、当時はうれしかったものの今は忘れてしまっているようなこととか、昔のことをいっぱい思い出すんですよ。子どもの成長というのは、こんなに面白いものかなと。お話できなかった子が急にしゃべったり、寝返りを打ったり、歩き出したり…感動です!!

人間って、当たり前のように大きくなりますけど、やっぱり親の愛情をかけないと育ちませんから。育て方によって、まっすぐいったり、曲がったり。私も間違っていた部分はあったんだと思いますが…それでもすべてが一生懸命で、楽しいですね。


水泳と子育ては、どこか似ています

振り返ってみると…水泳って子育てに似ていると思うんです。泳げなかった子が泳げるようになって、距離が伸びて…。目に見えて成長が分かるので、見ている方も楽しいですよね。今、水泳の練習に付き添っているお母さんたちにも、成長している一瞬一瞬を見てあげてほしいなと思います。

今、思えば子どもたちに水泳をさせて、本当に良かったですね。一つの競技を極めて、きっちりと習い終えるのは大変なことです。休まずに練習を続けている子というのは、小さくても弱音を吐かないですし、根性があります。うちの子たちにしても、そういうところは我が子ながら尊敬しています。

(次回予告)

最終回では、子育ての先輩として、育児を頑張っているママ達へアドバイスとエールをいただきます。読めばきっと、肩の力を抜いてお子さまと向き合えるはず。ラストまで、どうぞお付き合いください。

詳しくはこちら