水を通してココロ・カラダぐんぐん!お母さんたちの子育てを応援するマガジン

2019.05.24 | スペシャル

3 つの島でステージ(クイズ)をクリアして宝箱宝箱をめざそう!

★なかよしようちえんほいくえんWEB版★

WEB版では、クイズの答えと解説、水なれのポイントをお伝えします!


水に関する3つのステージ(クイズ)に順番に答えて、ゴールを目指そう!

キミはいくつ答えられるかな?

解答は赤字で記載されています。



Q.1の解説

水の中では陸上の800~900倍の“抵抗”といわれる力が働きます。

これにより、陸で動くよりたくさんの力を必要とするから、効率よく体を鍛えることができます。

【水なれのポイント】

お風呂の水の中で手をぐるぐる回してみよう!

ゆっくり回してみたり、速く回してみて、動かしやすさの違いを見つけてみよう。


Q.2の解説

お風呂の天井や壁は、音が響きやすいようにできています。

お風呂の中で水をたたくと、音が大きく聞こえるのはその影響です。

【水なれのポイント】

お母さんやお父さんと一緒にお水をたたいてお風呂の音楽会をしてみよう!

一番たくさん水を叩けるのだれかな?

水がはねるのは楽しいね。顔に水が当たっても平気だね、スゴイ!


Q.3の解説

水の中で息を吐くときに口から出してしまうと、鼻に水が入ってしまい、鼻がツーンとしてしまうこともあります。

水の中ではゆっくりと鼻から息を吐けるようになるのが大切です。

【水なれのポイント】

コップを使って呼吸動作の練習をしてみましょう!

まず、水が入っていないコップのふちに鼻をあてて、「んーん」といいながら鼻から息を出してみましょう!

お母さんやお父さんに聞こえる大きさで長くゆっくりと「んーん」と言えるようになったら、次はコップに水を入れてチャレンジ!


Q.4の解説

水の中では浮力が働いていて、宇宙のように体が浮きやすくなるようになっています。

足をついて歩かなくても、泳ぐことで進むことができるのは水の中だからこそ。

実は、宇宙飛行士も宇宙に行く前は約12mの深さがあるプールで宇宙遊泳の練習をしています。

宇宙遊泳という言葉にも、水の中で泳ぐことに繋がりがあるのかもしれませんね。

【水なれのポイント】

水の世界は宇宙に似ているところがあるんだね。水の中では陸上とは違う動きが色々できるよ!

水の中で歩いたり、横歩きをしたり、ジャンプをしたり、色んな動きにチャレンジしてみましょう!


Q.5の解説

ゾウは水浴びが好きな動物の一つです。

ゾウの体は汗をかきずらいので、水浴びは暑さを和らげて、皮膚の乾燥を防ぐためにとても大切な行動です。

【水なれのポイント】

シャワーはゾウの鼻からでる水と似ているね。

シャワーを足にかけることからはじめて、徐々にかける位置を上げていきましょう。

頭にかけられるかにもチャレンジしてみてね!


Q.6の解説

ペンギンの赤ちゃんは親ペンギンと違った体の色で産まれてきます。

それは、身を守るために体の色を住んでいる場所とよく似た色に合わせているからです。

例えば、白い氷に覆われた地域のペンギンの赤ちゃんは白~灰色で、岩肌に覆われた地域のペンギンの赤ちゃんは茶色です。

【水なれのポイント】

水の中を自由に泳ぐことができるペンギンも、はじめから泳ぎが上手というわけではないんだ。

赤ちゃんの頃は、お母さんペンギンやお父さんペンギンと飛び込みの練習をしたり、潜る練習をしているよ。

はじめは水の楽しさを見つけることからスタートして、少しずつ新しい水なれにチャレンジしてみましょう!


ワンポイントアドバイス

[保護者の方へ]

はじめから顔全体を水につけるのではなく、段階的につける箇所を増やし、ハードルを下げることが大切です。

顔つけは難易度が低い箇所から少しずつはじめ、「顔つけができる」という自信をつけてから、目、鼻、口のように難易度が高い箇所の顔つけにチャレンジしてみましょう。





夏のプールデビュー!

泳ぐ楽しさがわかる2日間

はじめての体験教室 

https://www.itoman.com/event/hajimete/